市販の抗ヒスタミン薬の強さと副作用の比較一覧

錠剤 アレルギーの薬

抗ヒスタミン薬とは

花粉症や鼻炎・湿疹・蕁麻疹など、いわゆるアレルギー疾患に用いられる代表的なお薬として、「抗ヒスタミン薬」があります。

簡単に言うと、脳内のヒスタミンという伝達物質が必要以上に発生することによりアレルギー反応が引き起こされるため、そのヒスタミンの働きをブロックしてしまうという薬です。

今回は、そんな抗ヒスタミン薬の飲み薬うち、市販されているものに絞って徹底的に比較していきます。

また、医療用(処方箋がないともらえない薬)との差もご紹介します。

第一世代と第二世代とは

抗ヒスタミン薬は大きく分けて第一世代第二世代があります。

第一世代の方が古いお薬で、効果は強いのですが、眠気も強く出てしまうと言う弊害がありました。
現在でも、花粉症の薬=眠くなる、という印象をお持ちの方は多いと思いますがヒスタミンという物質は意識や覚醒にも関係しているため、これは多かれ少なかれ無理のない話なのです。

そういった副作用をできるだけ抑えながら効果を上げるために改良が重ねられ、第二世代の抗ヒスタミン薬が開発されてきました。

現在、使用されている抗ヒスタミン薬のほとんどは第二世代です。

ただ、第二世代の抗ヒスタミン薬ならどれも効果は似ているかというとそういうわけでもなく、ここ10年ぐらいで発売されてきた薬の方が、効果・副作用ともに優れている傾向にあります。

市販の抗ヒスタミン薬の強さと副作用の比較

市販されている抗ヒスタミン薬の強さと副作用について、先に結論から書いてしまうと以下の表のようになります。

代表的な市販薬
(主成分名)
薬の強さ
(効果)
眠気の頻度
(副作用)
医療用の
処方頻度
医療用の
商品名(先発)
おすすめ度
アレグラFX
(フェキソフェナジン)
アレグラ
アレジオン20
(エピナスチン)
アレジオン
クラリチンEX
(ロラタジン)
クラリチン
コンタック鼻炎Z
(セチリジン)
ジルテック
エバステルAL
(エバスチン)
エバステル
ザジテンAL鼻炎カプセル
(ケトチフェン)
ザジテン
※強さは大きいほど効果が高く、副作用は小さいほど頻度が少ない(強さと副作用はYanai K. Pharmacol & Ther. 2007;113:1-15などを参照に筆者が数値化。処方頻度は厚生労働省公表より)

市販薬で抗ヒスタミン薬を購入するとしたら、個人的にはアレグラアレジオンクラリチンの3択だと思います。

なぜなら、それ以外の薬は比較的眠くなりやすいからです。

上の3つは効果と副作用のバランスが良いお薬だと言えます。

それぞれのお薬の詳細は、以下でご紹介しています(医療用の薬としての解説がメインです)。

アレグラ(フェキソフェナジン)

アレジオン(エピナスチン)

クラリチン(ロラタジン)

コンタック(セチリジン)

エバステル(エバスチン)

実際のおすすめ市販薬

主成分がフェキソフェナジンの商品

実際の商品はいくつかありますが、医療用の先発品メーカーが提供しているアレグラFXがおすすめです。含有量も、医療用のものと同等です。

ただし、市販薬にもジェネリック医薬品のようなものが存在します。

アレルビという商品は、なんと値段も半分以下となっており、コスパを追求したい方はこちらもおすすめです。

主成分がエピナスチンの商品

実際の商品はいくつかありますが、医療用の先発品メーカーが提供しているアレジオン20がおすすめです。含有量も、医療用のものと同等です。

また、アレジオンは1日1回で良いのがメリットです。

ちなみに値段ですが、2週間分程度であれば病院代+薬局代よりも安くなると思いますが、4週間分程度であれば病院代+薬局代よりも高くなる可能性があります

主成分がロラタジンの商品

実際の商品はいくつかありますが、医療用の先発品メーカーが提供しているクラリチンEXがおすすめです。含有量も、医療用のものと同等です。

また、クラリチンは1日1回で良いのがメリットです。

医療用医薬品との比較

強力な薬が何種類か存在

抗ヒスタミン薬は、医療用しかない薬も何種類か存在します。

例えば、ザイザル(レボセチリジン)・アレロック(オロパタジン)・タリオン(ベポタスチン)・ビラノア(ビラスチン)などは、副作用の少なめでありながら、上記の市販薬よりも強い作用があります。

市販薬で効果が不十分な場合は、医療機関を受診して処方箋をもらうと良いでしょう。

また、ビラノア以外はジェネリック医薬品も上市されているので、薬代もある程度抑えることが可能です。

詳しい説明は以下のページでご紹介しています。

ザイザル(レボセチリジン)

アレロック(オロパタジン)

タリオン(ベポタスチン)

ビラノア(ビラスチン)

まとめ

抗ヒスタミン薬の市販薬のご紹介、いかがだったでしょうか。

本ページの内容をまとめると以下のようになります。

・市販薬では、アレグラFXアレジオン20クラリチンEXがおすすめ

アレジオンとクラリチンは1日1回で良いので簡便

・値段は1ヶ月以上毎日服用するのなら、医療機関受診+調剤薬局の方が安くなる場合もある

医療用の薬の方が強力なものが何種類か存在する

なお医療用を含めた抗ヒスタミン薬全般は、以下のページでご紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました