ケンイチ

スポンサーリンク
小児と薬

酸味がなく甘みのある粉薬の種類と注意

子供用の粉薬はだいたい甘みは付いていますが、酸味があるかないかで相性のいい飲食物が変わってきます。 酸味のないお薬には以下のようなものがあります。 ・エリスロシンドライシロップW(DSW)・ワイドシリン細粒・アスベリンドライシ...
2021.01.26
小児と薬

目薬の使い方(小児向け)

小さなお子さんに目薬を使用するのも難易度が高いと思います。 年齢によってもコツが変わってきます。 0~1歳程度で、まだ自我の芽生えが不十分な場合は、ある程度強制的に点眼する必要があるかもしれません。 2~3歳ごろになると...
2021.01.26
小児と薬

2~3歳ごろの幼児への薬の飲ませ方

お子さんにもよりますが、2~3歳ごろが一番薬を飲んでくれない時期かもしれません。(もちろん、その時期に薬が大好きというお子さんもいます) 原因は色々あると思いますが、 ・単に味が嫌い ・前に飲んだ薬が苦くて(不味くて)ト...
2021.01.26
小児と薬

座薬の効能・正しい使い方や管理の方法(小児向け)

小さいお子さんには座薬が処方されることが多いですが、それらの効能や正しい使い方・管理の方法などについてご紹介します。 座薬の種類と効能 座薬の主な効能は、大きく分けて4つです。 解熱鎮痛剤(熱冷まし・痛み止め) 小...
2021.03.21
小児と薬

授乳期の粉薬の飲ませ方

授乳期の乳児へのおすすめの粉薬の飲ませ方は、主に2つあります。 ①少量の水で練って口の中に塗る まず粉薬を2,3滴の水で練って泥状にします。 粉薬をスプーンなどに移してから混ぜると作業しやすいでしょう。 ある程度練ったら、乳児の頬の...
2021.01.26
小児と薬

子供に薬がうまく使えない時の対処法

子供に対して薬をどう使えばいいか、戸惑ってしまった経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか? よく相談を受ける内容には、以下のようなものがあります。 ・哺乳期の乳児にどうやって薬を飲ませたらいいか分からない ・座薬の使...
2021.01.26
薬総合

食前・食間に服用するのがよい薬

食前・食間に服用するのが良い薬には、以下のようなものがあります。 ・空腹時に服用しないと吸収が悪くなってしまうもの 代表的なものが漢方薬です。ただし実際は漢方薬すべてがそうというわけではありません。 漢方薬の一部には、「アルカロイド...
2021.01.26
薬総合

食後に服用するのが良い薬

食後に服用するのが良い薬は、以下のようなものがあります。 ・空腹時に服用してしまうと胃が荒れるもの 例えば、抗生剤(菌を殺す薬)や熱冷まし・痛み止めなどは胃が荒れやすいので、食後に服用することが多いです。 ・消化管で食事と混じ...
2021.01.26
薬総合

薬の用法(食後・食前など)の正しい意味とその理由

病院や薬局で薬をもらった時に、しっかりチェックするべき内容の1つ「薬の用法(飲み方)」について。 薬の袋に「食後」とか「食前」と書いてあると思いますが、それがどういう意味なのかきっちり把握している人はあまりいないのではないでしょうか...
2021.01.26
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました