アレルギー性鼻炎の病態と治療について

アレルギー性鼻炎(以下、鼻炎)について。

鼻炎は、アレルゲンが鼻の粘膜を刺激することによって
鼻水・鼻づまり・くしゃみなどの症状を起こすアレルギー疾患です。

この原因となるアレルゲンはダニやハウスダストが多くを占めています。

花粉が原因となる鼻炎もアレルギー性鼻炎なのですが、
これは一般的に花粉症と呼ばれて別扱いにされることが多くなっていますね。

一般的に「鼻炎」と言われているものは通年性鼻炎、
花粉症のような季節的なものは季節性鼻炎などという分類をされることもあります。

さて、鼻炎の症状の緩和のためには、もちろんアレルゲンにできるだけ
触れない、というのが第一になります。

ですので、通年性の鼻炎の場合、自宅を清潔に保つことが重要ですね。
これは、同じくダニやハウスダストをアレルゲンとする喘息と同様です。

また、鼻炎の治療には飲み薬と点鼻薬が中心となります。

飲み薬には、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、漢方薬といったものがあります。

鼻炎の薬=眠くなる、というイメージが世間一般に浸透してしまいましたが、
これは主に第一世代の抗ヒスタミン薬が原因と思われます。

現在広く使われている第二世代の抗ヒスタミン薬には眠くなりにくいものも
ありますので、心配な方は医師や薬剤師に相談してみると良いでしょう。

点鼻薬はあまりたくさんの種類があるわけではなく、大別すると
粉(ドライパウダー)タイプと、霧タイプがあります。

使い分けは好みによるところもありますが、小さなお子さんの場合、
霧をシュッと鼻の中に入れられると嫌がるお子さんもみえるので、
そういう使い分けも可能です。

ただ、操作は霧タイプの方が簡単なものが多いですね。
粉タイプは1回ずつセットする手間があります(慣れればすぐですが)。

鼻炎は、喘息(すごく苦しそうに咳き込んでる)やアトピー(見た目からして
痒そうな湿疹)と違って症状が地味(鼻を垂らしてる・・・)なことが多いので、
治療に積極的でない親御さんもみえると思いますが、放っておくと
蓄膿(慢性副鼻腔炎)になったりすることもあるので、症状が軽くなっても
定期的に通院することをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました