アレルギーの薬

スポンサーリンク
アレルギーの薬

花粉症の完治は可能?減感作療法という新しいアレルギー治療法

花粉症とは もはや説明するまでもないかもしれませんが、花粉症はアレルギーの一種です。 代表的なものはスギやヒノキを原因とする花粉症ですが、それ以外にもブタクサ・イネなど様々な植物がアレルギーの原因となります。この、アレルギーを...
アレルギーの薬

喘息の完治は可能?減感作療法という新しいアレルギー治療法

喘息とは 喘息は、「風邪」とか「肺炎」みたいなものだと思っている方も居るかもしれませんが、アレルギーの一種です。 アレルギーを引き起こす原因として、ダニ・ハウスダスト・動物(猫や犬)の毛・食物(ソバや卵など)・花粉などの物質が...
アレルギーの薬

市販の抗ヒスタミン薬の強さと副作用の比較一覧

抗ヒスタミン薬とは 花粉症や鼻炎・湿疹・蕁麻疹など、いわゆるアレルギー疾患に用いられる代表的なお薬として、「抗ヒスタミン薬」があります。 簡単に言うと、脳内のヒスタミンという伝達物質が必要以上に発生することによりアレルギー反応...
2021.09.18
アレルギーの薬

エバステル(エバスチン)の効果・副作用の強さと特徴

エバステル(エバスチン)とは エバステルはアレルギー疾患に用いられる、抗ヒスタミン薬という分類のお薬です。 先発品(特許を取ったお薬)の名前がエバステルで、成分の名前がエバスチンです。 名称の由来は、そのまんま成分の名前...
2021.09.26
アレルギーの薬

クラリチン(ロラタジン)の効果・副作用の強さと特徴

クラリチン(ロラタジン)とは クラリチンはアレルギー疾患に用いられる、抗ヒスタミン薬という分類のお薬です。 先発品(特許を取ったお薬)の名前がクラリチンで、成分の名前がロラタジンです。 名称の由来は、爽快・清澄などを意味...
2021.09.26
アレルギーの薬

アレグラ(フェキソフェナジン)の効果・副作用の強さと特徴

アレグラ(フェキソフェナジン)とは アレグラはアレルギー疾患に用いられる、抗ヒスタミン薬という分類のお薬です。 先発品(特許を取ったお薬)の名前がアレグラで、成分の名前がフェキソフェナジンです。 名称の由来は、「アレ」が...
2021.09.26
アレルギーの薬

ジルテック(セチリジン)の効果・副作用の強さと特徴

ジルテック(セチリジン)とは ジルテックはアレルギー疾患に用いられる、抗ヒスタミン薬という分類のお薬です。 先発品(特許を取ったお薬)の名前がジルテックで、成分の名前がセチリジンです。 名称の由来は少しユニークで、セチリ...
2021.09.26
アレルギーの薬

アレジオン(エピナスチン)の効果・副作用の強さと特徴

アレジオン(エピナスチン)とは アレジオンはアレルギー疾患に用いられる、抗ヒスタミン薬という分類のお薬です。 先発品(特許を取ったお薬)の名前がアレジオンで、成分の名前がエピナスチンです。 名称の由来は、「アレ」が入って...
2021.09.26
アレルギーの薬

デザレックスの効果・副作用の強さと特徴

デザレックスとは デザレックスはアレルギー疾患に用いられる、抗ヒスタミン薬という分類のお薬です。 先発品(特許を取ったお薬)の名前がデザレックスで、成分の名前がデスロラタジンです。 名称の由来は、「DES(デスロラタジン...
2021.09.26
アレルギーの薬

ルパフィンの効果・副作用の強さと特徴

ルパフィンとは ルパフィンはアレルギー疾患に用いられる、抗ヒスタミン薬という分類のお薬です。 先発品(特許を取ったお薬)の名前がルパフィンで、成分の名前がルパタジンです。 名称の由来は、「RU(ルパタジン)+PAF(血小...
2021.09.26
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました