甘酸っぱい味の粉薬の種類と注意

粉薬 小児と薬

子供用の粉薬はだいたい甘みは付いていますが、酸味があるかないかで相性のいい
飲食物が変わってきます。

甘酸っぱい味の粉薬には以下のようなものがあります。

・ムコダイン(カルボシステイン)ドライシロップ(DS)
・ムコソルバン(アンブロキソール)ドライシロップ(DS)
・キプレス(シングレア・モンテルカスト)細粒

例えるならヨーグルトやラムネのような味でしょうか。ですので、必然的に、飲食物も
ジュースやシャーベットなど酸味のあるものと相性が合いやすいです。

ただ、明らかに「酸味」と言えるのはムコダインだけで、他は人によっては「酸味」と
思わないかもしれません。

ムコダインはpHが低い(=酸性)なので、一部の抗生剤と相性が非常に悪いという
注意点があります。
具体的には、主に以下の4つのお薬に注意が必要です。

・ジスロマック(アジスロマイシン)細粒
・クラリシッド(クラリス・クラリスロマイシン)ドライシロップ
・エリスロシン ドライシロップ
・オラペネム 細粒

詳しくは次の記事も参考にして下さい。


コメント

タイトルとURLをコピーしました