プラズマ乳酸菌(iMUSE)とは?花粉症などアレルギー体質の改善にも

乳酸菌 健康

乳酸菌とは

乳酸菌とは、「糖類を分解して乳酸を合成する菌の総称」です。

乳酸を作るので乳酸菌という分類なわけですが、具体的な菌としては、ビフィズス菌ガセリ菌シロタ菌などが含まれます。

ヨーグルトのパッケージで見る菌ばかりですし、体に良さそうなイメージもありますね。

プラズマ乳酸菌とは

では、プラズマ乳酸菌とはどのような菌でしょうか。

プラズマ乳酸菌も乳酸菌の一種で、「プラズマサイトイド樹状細胞を活性化させる乳酸菌」として名付けられました。

いきなり難しい単語が出てきてしまいました・・・。

専門的な話は控えたいので、端的に説明すると、「免疫細胞の司令塔の細胞を活性化することのできる乳酸菌」ということになります。

免疫力を活性化させることで、侵入してきた異物に対する抵抗力がアップする、というわけです。

プラズマ乳酸菌は、安価なヨーグルトに入っている菌とは格が違うと言えます。

このプラズマ乳酸菌を使用したiMUSEという製品は最後にご紹介します。

免疫細胞全体の活性化

免疫力とアレルギーの関係

ここで、アレルギーの話もさせていただきます。

アレルギーは身近な疾患の1つです。

代表的なものに喘息花粉症アトピーなどがあります。

これも専門的な話は省きますが、一部の異物に極端に反応を示してしまうのがアレルギー反応であって、適切な免疫力を整えることでアレルギー反応が緩和できるという考えられています。

プラズマ乳酸菌を摂取することにより、そういったアレルギー症状やお肌トラブルの軽減の効果も期待できます

死滅していても効果あり?!

普通、ヨーグルトに入っている菌は、生きて腸に到達することで整腸作用を示します。

整腸作用とは、具体的には下痢や便秘の改善、悪玉菌の駆除などです。

しかし、このプラズマ乳酸菌による免疫細胞の活性化作用は、なんと菌が死滅してしまっていても効果があると言われているのです!

これは、素人の口コミなどではなく、しっかり学術的に検証されている内容です。

一応、根拠となる論文のタイトルを記載しておきます(読む人はいないと思いますが・・・)。

Shibata T, Kanayama M, Haida M, Fujimoto S, et al. Lactococcus lactis JCM 5805 activates anti-viral immunity and reduces symptoms of common cold and influenza in healthy adults in a randomized control trial. J Func Food. 24: 492-500, 2016

鈴木弘章, 金山雅也, 藤井敏雄, 藤原大介, 杉村春日. 乳酸菌Lactococcus lactis subsp. lactis JCM 5805 含有飲料の摂取による抗ウイルス免疫応答および体調の維持に対する効果—プラセボ対照ランダム化二重盲検並行群間比較試験—. 薬理と治療 Vol.43 No.10 Page.1465-72, 2015.

Fujii T, Jounai K, Horie A, Takahashi H, Suzuki H, Oshio K, Fujiwara D, and Yamamoto N. Effects of heat-killed Lactococcus lactis subsp. lactis JCM 5805 on mucosal and systemic immune parameters, and antiviral reactions to influenza virus in healthy adults; A randomized controlled double-blind study. J Func Food. 35: 513-521, 2017.

プラズマ乳酸菌の組織が小腸を刺激することで免疫を活性化させると言われていますが、これは細胞が死んでいても起こる現象だと考えられています。

どのぐらいの量・期間 摂取すれば効果があるのか?

では、実際どのぐらいプラズマ乳酸菌の摂取を継続すれば効果があるのかご紹介します。一例が、次の論文に掲載されています。

Sugimura T, Jounai K, Ohshio K, Tanaka T, Suwa M, and Fujiwara D. Immunomodulatory effect of Lactococcus lactis JCM 5805 on human plasmacytoid dendritic cells. Clin Immunol Vol 149: 509‒518,2013.

論文の内容を要約すると下のようになります。

健康な成人男女を対象に、プラズマ乳酸菌のヨーグルト飲料(プラズマ乳酸菌1000億個含む)もしくはプラセボ飲料を4週間摂取させた。プラズマ乳酸菌摂取群はプラセボ摂取群と比較して、血中pDC活性が有意に上昇した。また、プラズマ乳酸菌摂取期間中のインフルエンザ・風邪様の自覚症状の累積発症数が有意に低下した。

つまり、プラズマ乳酸菌のヨーグルト製品を4週間継続していたら、その間にインフルエンザにかかる可能性が低くなっていた、と明記されているのです。

毎日ヨーグルトを食べているだけでインフルエンザにかかりにくくなっているって、すごくないですか?

それ以外にも色々な効果の検証が行われていますが、数週間~10週間程度の試験が多いようです。

プラズマ乳酸菌を含む製品

そもそもプラズマ乳酸菌というのも単一の菌ではないわけですが(「免疫力を活性化させる乳酸菌」が何種類かある)、プラズマ乳酸菌の研究において第一人者と言えるであろうキリンホールディングスから発売されているiMUSEシリーズをご紹介します。

ヨーグルト

まずは何と言ってもヨーグルトですね。乳酸菌ですもの(笑)

元々ヨーグルトを食べる習慣のある人には負担が増えるわけでもないですし、1食100円ちょっとなのでコスパも悪くありません。

さらにコスパを高めたいなら、大容量のパック製品も候補ですね。

ちなみに、上で引用した論文で用いられた製品は、たぶんこれなんじゃないかと思います。

清涼飲料水

iMUSEには清涼飲料水タイプもあります。

水分の補給のついでに摂れるのがメリットですが、逆に言うと喉が渇いていないけどプラズマ乳酸菌は定期的に摂取したい、という場合には不向きかもしれません。

あくまで水分補給がメインで、少しでも健康にいいものを、という場合に良いと思います。

錠剤タイプ

iMUSEシリーズ最後は錠剤タイプです。いかにもサプリ!という感じですね。

1袋60錠で1600円ぐらい、2袋で3200円ぐらいのようです(価格は目安です)。

1日4錠が目安なので、1日あたり100円ぐらいという感じですね。

もちろんヨーグルト製品よりは安いんですが、そのぐらいの差ならヨーグルト製品の方がお得な気もします・・・(笑)

まあ、ヨーグルトは食べない、プラズマ乳酸菌だけでいい、という人にはこれが良いですね。

終わりに

腸は健康の源です。

健康維持のため、アレルギー症状の改善のため、美容のため、プラズマ乳酸菌の活用も検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました