子供の3大夏風邪の1つ、プール熱(咽頭結膜熱)の原因・症状と治療

プール熱とは

子供が最も体調を崩しやすいのは冬ですが、夏にも夏特有の感染症が流行します。

一般的に「夏風邪」と呼ばれるものですが、それらの正式な病名は
ヘルパンギーナ、手足口病、プール熱(咽頭結膜熱)と言います。

夏風邪と言えば主にこの3つであることから、3大夏風邪と呼ばれることもあります。

ここでは、そのうちの1つ、プール熱についてご紹介します。

プール熱の原因

上記の夏風邪はいずれもウイルスによる感染症ですが、その種類が異なります。
プール熱の原因となるのは、アデノウイルスというウイルスです(ただし、アデノ
ウイルスはさらに細かい型に分かれており、型によって症状が少しずつ異なります)。

プールの水を介して感染が広がることが多かったので、プール熱という俗称が付けられ
ましたが、アデノウイルスには塩素消毒が有効であり、必ずしもプールだけで広がる
わけではないということに注意が必要です。

感染経路は一般的な「風邪」と同様に捉えておけばよく、咳やクシャミなどの飛沫や
汚れた手で触ることによる接触が原因です。

プール熱の症状

プール熱の主な症状は、その正式名称「咽頭結膜熱」が示す通り、「咽頭(のど)」の
痛み・炎症、「結膜(目)」の充血、「熱」の上昇です。

それ以外にも、目やに・頭痛・倦怠感・食欲低下・腹痛・下痢など様々な症状が現れる
ことがあります。

3大夏風邪のうち、このプール熱が最も「夏風邪」のイメージ通りかもしれません。

プール熱の治療

ウイルスをやっつける治療はありませんので、お薬を飲むとしたら対症療法(出た
症状を軽くする治療)しかありません。

症状によっては飲み薬は何も無く、目薬や座薬だけ、ということも珍しくありません。

目薬も、直接アデノウイルスをやっつけるものではなく、細菌による二次感染を予防する
ためのもので、充血や目やにが酷いときぐらいです。

基本的にはお薬は補助であって、自分の免疫力で治すしかない感染症です。
あまり重症化することはなく、数日で完治することが多いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました