整腸剤の種類や作用の違い・市販薬について

錠剤 消化管用薬

整腸剤とは

整腸剤せいちょうざい)とは読んで字のごとく、腸の働きを整えるお薬です。

たまに「ちょうせいざい」と勘違いされている方を見かけますが、「せいちょうざい」です。(もっと稀に「成長剤」と勘違いされている方も見たことがありますが・・・)

お薬の成分は「○○菌」という、いわゆる善玉菌です。

下痢などに用いられることが多いですが、逆に便秘の時にも使用されることもあります。

近年では、腸活菌活)が注目されていることもあり、ぜひチェックしておきたい医薬品です。

今回は、そんな整腸剤について詳しくご紹介していきます。

整腸剤の種類

整腸剤は、「○○菌」の菌の種類の違いによっていくつかの医療用医薬品があります。

現在、処方されることの多い商品は主に2種類です。

ビオフェルミン(ラックビー)

ビオフェルミン乳酸菌の一種であるビフィズス菌が主成分です。

一般の方でも馴染みのある名前なのではないでしょうか。

ヨーグルトにも含まれていることがありますね。

ビフィズス菌は、腸内で乳酸酢酸を生成することで悪玉菌の増殖を阻害します。

なお、同じ種類の菌を使用したラックビーという商品もよく処方されます。

ミヤBM

ミヤBM酪酸菌の一種である宮入菌みやいりきん)という菌が主成分です。

こちらは聞き覚えがないかもしれません。

宮入菌は、腸内で酪酸酢酸を生成することで悪玉菌の増殖を阻害します。

乳酸菌と酪酸菌の違いは?

ここまで読んでいただいくと、当然、「じゃあ違いは何があるのか?」ということになると思います。

それぞれ1つずつ解説してきます。

産生する物質による違い

ビフィズス菌(ビオフェルミン・ラックビー)は乳酸と酢酸、宮入菌(ミヤBM)は酪酸と酢酸をそれぞれ腸内で合成します。

これらの酸の効果は以下の通りです。

乳酸:悪玉菌にとって邪魔な物質なので、悪玉菌の増殖が抑制される
酪酸:損傷した腸管の再生を助ける
酢酸:悪玉菌にとって邪魔な物質なので、悪玉菌の増殖が抑制される

これらを考慮すると、理論上は、ビフィズス菌の方が悪玉菌を駆除するのに向いていて、宮入菌の方が腸にを負った時に向いているということになります。

抗生剤に対する耐性の違い

整腸剤は、抗生剤(菌を殺す薬)と一緒に使用されることがあります。

これは本来、体に侵入した悪い菌だけをやっつけたいのに、腸に元々いる善玉菌もまとめて殺してしまうため、その補充という意味合いです。

その抗生剤に対する耐性に違いがあります。

ビフィズス菌(ビオフェルミン・ラックビー)は多くの抗生剤でやられてしまうのに対し、宮入菌(ミヤBM)は耐えることができます。

これは、宮入菌は芽胞(がほう)と呼ばれるシェルターのようなものの中で生存しているからです。

そのため、ビオフェルミンやラックビーを抗生剤と一緒に使用したい場合は、耐性を強化させたビオフェルミンR・ラックビーRという商品が処方されます。

胃酸に対する耐性の違い

胃の中は強力な胃酸(塩酸)で満たされています。

そのため、腸に到達するには胃酸への耐性も重要です。

この点でも、芽胞で防御がバッチリな宮入菌の方が優勢です。

ただし、ビフィズス菌は人間の腸管に定着しやすいという特徴があるので、一長一短です。

市販のヨーグルトの中には、パッケージに「生きて腸まで届く」などと書いてあるものがありますが、胃酸への耐性が高い菌種を使用していると考えられます。

その他の特徴

ビフィズス菌は、免疫力を高め、アレルギーの症状の緩和にも効果があるのではないかという研究が盛んになってきています。

胃酸で死んでしまったビフィズス菌でも、組織の一部が腸に届くことでこれらの効果があるだろうという研究も出ていますので、ビフィズス菌が胃酸に弱いからといって、必ずしも無駄になってしまうわけではないと言えます。

また、宮入菌は、バクテリオシンというタンパク質を合成し、これが悪玉菌をやっつけるのに効果があると言われています。

結局のところ・・・

いくつかの観点から違いを見てきました。

が・・・

結局のところ、「大抵の場合はどちらを使用しても効果はある」ということになると思います。

処方している医師も、なかなか厳密に使い分けているケースは少ないと思います。

「なんだよそれ!」と言われるかもしれませんが、現状はそんな感じです。すみません。

市販薬は?

ビオフェルミンとミヤBM、それぞれ似たような市販薬も存在します。

体質的に胃腸が弱く下痢しやすいとか、便秘がちな方には常用するのもおすすめです。

また、急性胃腸炎などの際にはこれらを服用して様子を見るのも1つです。
(受診しないと不安な方にはおすすめできませんが、自覚症状からある程度当たりがつけれる方にはおすすめです)

1錠数円ぐらいでコスパもとても良いので、常備薬として家に置いておきたい薬の1つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました