扁桃炎・咽頭炎・喉頭炎の原因と治療について(小児)

扁桃(へんとう)・咽頭(いんとう)・喉頭炎(こうとう)は、それぞれ
少しずつ部位は異なりますが、ざっくり言うと「のど」の部分です。
(昔は扁桃を「扁桃腺(へんとうせん)」と呼んでいましたが、
現在は間違いということになっています)

そして、そこに炎症が起きる疾患を扁桃炎・咽頭炎・喉頭炎と言います。

お子さんが「のどが痛い」と言う場合、これらの疾患が起こっている
可能性が考えられます。

原因は細菌やウイルスによるものが多く、広い意味では「風邪」の一部
ということもできます。

ウイルスによるものの場合、直接原因を治療することはできませんが、
細菌が原因であるなら、抗生剤が効く場合があります。

それ以外は、のどの炎症を抑えたり、炭を出しやすくするお薬を
飲んで様子を見ることが治療の中心となるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました