マイコプラズマ感染症の原因と治療(小児)

マイコプラズマ感染症は、その名の通り、マイコプラズマという
病原体に感染することで発症する感染症です。

マイコプラズマはウイルスではなく細菌に分類されますが、
一般的な細菌とは少し細胞の組成が変わっており、
効果のある抗生剤も一部となっています。

風邪に似た軽症で治ることもありますが、一部は肺炎となり
マイコプラズマ肺炎と呼ばれます。

肺炎というと何やら恐ろしいイメージをお持ちの方もみえると思いますが、
肺炎と診断されても自宅安静で治せる場合も多くあります。

治療は、上で述べたように抗生剤が効くことが多いので
まずは抗生剤を服用します。

また、咳や痰が出ることが多いので、症状に応じて薬が選ばれます。

感染自体は1週間程度で治ることが多いですが、その後も咳や痰が
しばらく続くことがあるので、しっかり通院は続けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました