ステロイドの塗り薬の強さ・ランク一覧

薬総合

ステロイドの塗り薬とは

現在、塗り薬の中で最も使用されている系統に「ステロイド」という
種類のお薬があります。

その用途は非常に広く、乳児湿疹から始まって虫刺され、あせも、アトピー、
蕁麻疹など多くの皮膚のトラブルはこれで対処することになります。

そんなステロイドには強さのランクがありますので、ここでご紹介します。

ステロイドの塗り薬のランク

まず、強さのランクというからには「強」「中」「弱」でしょ、と思いますよね。

実はそれがちょっと違って、ものすごくぶっちゃけて表現すると、弱い方から
「ふつう」「つよい」「げきつよ」「さいつよ」なんです!

ソシャゲの「N(ノーマル)」「R(レア)」「SR(スーパーレア)」「SSR」
にそっくりなランクですよね・・・(笑)

まあでもお寿司屋さんやうなぎ屋さんに行くと「並」「上」「特上」だし
それはそれでありなんですかね。

すみません、だいぶ余談でしたね。

本題に戻って、現在使用されている主なステロイドの塗り薬を強い順に分類すると、
以下の表のようになります。

強さ代表的な商品名成分名
strongest
(最も強い)
デルモベートクロベタゾール
 プロピオン酸エステル
 ジフラール
ダイアコート
ジフロラゾン
 酢酸エステル
very strong
(非常に強い)
リンデロンDPベタメタゾン
 ジプロピオン酸エステル
 マイザージフルプレドナート
トプシムフルオシノニド
 ネリゾナ
テクスメテン
ジフルコルトロン
 酢酸エステル
ビスダームアムシノニド
 パンデル酢酸プロピオン酸
 ヒドロコルチゾン
アンテベートベタメタゾン
 酪酸エステルプロピオン酸エステル
 フルメタモメタゾン
 フランカルボン酸エステル
strong
(強い)
メサデルムデキサメタゾン
 プロピオン酸エステル
 リンデロンVベタメタゾン
 吉草酸エステル
ボアラデキサメタゾン
 吉草酸エステル
 フルコートフルオシノロン
 アセトニド
エクラーデプロドン
 プロピオン酸エステル
mild
(穏やか)
リドメックスプレドニゾロン
 吉草酸エステル酢酸エステル
ロコイドヒドロコルチゾン
 酪酸エステル
 キンダベートクロベタゾン
 酪酸エステル
アルメタアルクロメタゾン
 プロピオン酸エステル

英語表記の「strongest」などが正式な分類名です。「さいつよ」ではありません(笑)

ちなみに「mild」より低いランクも存在することはしますが、ほとんど使われることは
ないので、実質「mild」が一番弱いランクと思っていただいてかまいません。

ステロイドの実際の使用例

生後数ヶ月の乳児湿疹でも「mild」のロコイドやキンダベートを使いますね。

中等度のアトピーや蕁麻疹、腫れ上がった虫刺され、重度のしもやけなどに
「strong」を使います。

アトピーでも、もう少し重症になってくると「very strong」を使うこともあります。

「strongest」は文字通り最後の切り札なので、そう簡単には使いません。

一般内科や小児科で実際に使われる中では「very strong」が最も上のランクと
言えるでしょう。

なお、同じランクの中でももちろん若干の強さの違いはあり、きっちりこだわって
使い分けるドクターもみえます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました