小児のアレルギーの種類と治療

アレルギーとアレルゲン

アレルギー疾患は文明病と表現されることもあります。

大人も、特に花粉症になってしまった方は多くいらっしゃると思います。

子供でも何らかのアレルギー体質をもつ子はとても多く、
小児科に通院している子の何割かはアレルギー疾患でしょう。

アレルギーの原因になっているものをアレルゲンと言い、
これがアレルギー反応を引き起こします。
アレルギー反応が起こる時には、必ずアレルゲンが存在します。

最も分かりやすい例を挙げるなら、スギ花粉症のアレルゲンは
スギ花粉
ヒノキ花粉症のアレルゲンはヒノキ花粉、ということですね。

小児に多いアレルギー疾患の種類

小児に多いアレルギー疾患には以下のようなものがあります。

・食物アレルギー(卵・牛乳・小麦など)

・小児ぜんそく

・アトピー性皮膚炎

・アレルギー性鼻炎

・花粉症

それぞれ、各病態や治療について説明していきます。

小児喘息(気管支喘息)

アトピー性皮膚炎

アレルギー性鼻炎

アレルギーマーチとは

また、アレルギーについては成長と共に症状が軽くなっていく
アレルギーマーチという考え方があります。
アレルギーマーチについても別記事で解説しています。

抗ヒスタミン薬について

全てのアレルギー疾患の治療の根幹と言える、「抗ヒスタミン薬」について、別記事で解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました