ビタミンA(レチノール)の作用、お勧め食材やサプリメント

ビタミンA ビタミン

ビタミンA(レチノール)とは

ビタミンは水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに大別されますが、ビタミンAは脂溶性ビタミンの一種です。

αカロチン・βカロチン・γカロチンという3種類のカロチンが吸収・分解されることによりビタミンAとなります(カロチンはカロテンと表記されることもあります)。

中でも「βカロチン」は野菜ジュースなどのパッケージに書いてあることもあるので、目にしたことがあるのではないでしょうか。

ビタミンAの成分名はレチノールと言います。これは、網膜【retina】にあるアルコール【-ol】の意味から名付けられました。後述するように、ビタミンAは視覚にとって重要な作用があるのです。

ビタミンA(レチノール)の作用

ビタミンAの主な機能は、細胞の成長促進・免疫反応の調節・上皮細胞の保護・精子の形成などがあると言われています。

中でも重要と言われているのが、光量に対する視覚の調節作用です。

・・・などといきなり言われても分からないと思いますので、具体的な例を挙げます。

車で走っていて急にトンネルに入った時、もしくは就寝時に蛍光灯をオレンジの光に切り替えた時をイメージして下さい。

どちらも、直後は暗転していまいますが、数秒もあれば暗いながらも周りの様子が見えるようになります。これを「暗順応」と言います。視覚の中枢が、周囲の明るさに応じて見え方を調節しているのです。

ビタミンAが不足すると、この暗順応が低下してしまいます。夜盲症と言われる症状です。また、他にも眼球乾燥症・角膜硬化症と言った症状が出る場合があります。

視力の低下は生活の質に直結しますから、この欠乏症は避けたいところですね。

ビタミンA(レチノール)を豊富に含む食品

ビタミンAはレバー・うなぎ・魚肝油などに多く含まれています。

また、ビタミンAの前駆体であるカロテンは、ニンジンやほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンA(レチノール)を含むサプリメント

ビタミンのサプリメントは各社色々販売されていますが、例えば大手企業のDHCなどの商品は以下のようなものがあります。

緑黄色野菜が不足気味だと感じたら摂取してみるのもありだと思います。

その他のビタミン

その他のビタミンについては以下のリンクを参照して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました