ビタミンB2(リボフラビン)の作用、お勧め食材やサプリメント

ビタミンB ビタミン

ビタミンB2(リボフラビン)とは

ビタミンは水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに大別されますが、ビタミンBは水溶性ビタミンの一種です。

ビタミンBの成分名はリボフラビンと言います。これは、リビトール(リトールという薬もありますが全くの別物です!)という物質とフラビンという物質が結合したため命名されたものです。

ビタミンB2(リボフラビン)の作用

ビタミンBは、様々な物質の代謝を補助します。

例えば、糖質を代謝してエネルギーを作る酵素の補助や、薬や毒物を代謝して解毒する酵素の補助などです。

主役級の働きをするビタミンではないと考えられますが、体の各所で無くてはならない縁の下の力持ちのようなビタミンと言えるかもしれません。

ビタミンB2欠乏症

ビタミンBが不足することにより、口内炎・湿疹・皮膚炎・唇の亀裂・目の充血など多彩な症状が現れることがあります。

また、ビタミンBが不足する時は、他のビタミンB群も同時に不足していることが多いと言われています。

ビタミンB2(リボフラビン)を豊富に含む食品

ビタミンBは卵・肉・魚・うなぎ・レバー・のりなどに多く含まれています。

ビタミンBやビタミンBと重複しているものが多いですね。

これが、ビタミンB単独で不足することが少ない理由と考えられます。

ビタミンB2(リボフラビン)を含むサプリメント

ビタミンのサプリメントは各社色々販売されています。

ただ、ここではビタミンB群の研究開発において世界でも有数の歴史を持つ武田薬品グループから発売されているアリナミンAをご紹介しておきます。

ビタミンB単独のサプリメントは主流ではなく、こちらもビタミンB群複合の商品です。

なお、アリナミンと言えば「EX」が有名だと思いますが、「EX」にはビタミンB群の中で唯一Bは含まれていません。

その他のビタミン

その他のビタミンについては以下のリンクを参照して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました