ビタミンCのお勧めのサプリメントと摂取の注意点

ビタミンC ビタミン

ビタミンCとは

ビタミンCは重要な抗酸化作用を持つ、水溶性ビタミンの一種です。

具体的な働きで言うと、血管や組織の老化を抑えたり、シミやソバカスが増えないようにする作用が期待できます。

ビタミンCの詳しい解説については別記事に乗せていますのでご参照下さい。

ここでは、そんなビタミンCのサプリメントにはどのようなものがあるかご紹介します。

ビタミンCのお勧めサプリメント

ビタミンC(ほぼ)単独の製品

ある程度販売実績があり、お勧めできるものを一覧表にしました。

商品名DHC
ビタミンC
ネイチャーメイド
C1000mg
小林製薬の
ビタミンC
販売会社DHC大塚製薬小林製薬
ビタミンC1000mg1000mg1050mg
ビタミンB2mg6mg
分類栄養機能食品食品栄養補助食品
備考ローズヒップ配合
1日量2錠2錠3錠
包装180錠
(90日分)
200錠
(100日分)
180錠
(60日分)
希望小売価格679円1,380円570円

DHCビタミンC

サプリメント界の大手、DHCが手がけるビタミンC製剤です。

皮膚の代謝などに関与するビタミンBも少しだけ配合されています。

ネイチャーメイドC1000mg

日本の製薬企業大手、大塚製薬が手がけるビタミンC製剤です。

ローズヒップが配合されているとのことですが、含有ビタミンはビタミンCのみです。

小林製薬のビタミンC

どちらかというと家庭用品で有名な小林製薬から販売されているビタミンC製剤です。

ビタミンBがDHCのものよりも多く含まれ、このぐらいの量になってくるとアリナミンAとかキューピーコーワゴールドのようなビタミンB群製剤と遜色ない配合量になってきます。

3商品で最も良いものはどれか?

ネイチャーメイドが割高に見えますが、実際の販売価格で見るともう少し差が詰まるようです。

ただ、それでも若干ネイチャーメイドは高めのようですね。まあブランド料もあるでしょう。

DHCと小林製薬では、ビタミンBの差が値段の差になっているぐらいなので、お好みでいいと思います。

3ヶ月分で1,000円以下ですので、非常にコスパはいいと言えますね。

ビタミンCサプリメントの摂取の注意点

一度に多量に摂取しても意味がない

最初の方で、ビタミンCは「水溶性ビタミン」だと書きましたが、ビタミンCは非常に尿から排泄されやすいビタミンです。

ですので、一度に大量に摂取しても、半日と持たずにほぼ出ていってしまいます

健康食品とかドリンク剤には「1本で1000mg」とか「1本で2000mg」が配合されている商品もありますが、それを1回だけ使用しても、実際のところあまり意味はありません。

極めて重要なのは、「1日1000mg程度のビタミンCを2~3回に分けて毎日継続的に服用する」ということです。

ぶっちゃけ、ビタミンCに関してはどの商品を選ぶか」よりも「飲み方の注意」の方が圧倒的に重要だと言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました