ビタミンE(トコフェロール)の作用、お勧め食材やサプリメント

ビタミンE ビタミン

ビタミンE(トコフェロール)とは

ビタミンは水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに大別されますが、ビタミンEは脂溶性ビタミンの一種です。

ビタミンEの成分名はトコフェロールと言い、α・β・γ・δの4種類があります。そのうちαトコフェロールが最も強い生理作用があります。

また、トコフェロールの他にトコトリエノールという物質もあり、これもビタミンEの一種ではありますが、生理活性はトコフェロールに比べてかなり低いと言われています。サプリメントにはトコトリエノールもけっこう使用されているようですが。

なお、トコフェロールは抗不妊因子として発見された経緯があり、分娩【toco】・力を与える【phero】・アルコール【-ol】の意味で名付けられました。

女性にとっては非常に重要なビタミンと言えるかもしれません。

ビタミンE(トコフェロール)の作用

ビタミンEの主な機能は、抗酸化作用です。酸化を防ぐということは、言うなればサビ・劣化を防ぐということです。

金属が錆びたり、生ものが痛んでしまうのは、酸化が大きく影響しています。

人間の体も、酸化によって劣化・老化が進んでしまいます。

ビタミンEは抗酸化作用によってこれらを抑えることができます。

ビタミンE(トコフェロール)を豊富に含む食品

ビタミンAは植物性の油脂などに多く含まれています。
具体的にはひまわり油・アーモンド・綿実油・小麦胚芽・米ぬか油・なたね油などです。

これは意識しないとなかなか日頃から充分には摂取していないかもしれません。

ビタミンE(トコフェロール)を含むサプリメント

ビタミンのサプリメントは各社色々販売されていますが、例えば大手企業のDHCなどの商品は以下のようなものがあります。

上記のような植物性の油脂が摂れない!という場合はサプリも良い選択肢となるでしょう。

その他のビタミン

その他のビタミンについては以下のリンクを参照して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました