調剤薬局・薬剤師の適切な選び方

あなたは病院・診療所を選択するのと同じように調剤薬局も選択しているでしょうか?

ただ何となく、病院・診療所の横にある調剤薬局にそのまま行っている・・・
という方が多数派かもしれません。

まあそうなるように政策誘導してしまった厚生省(現・厚生労働省)や、それに
乗っかって規模拡大をしていった調剤薬局業界にも問題はあるわけですが、
薬局・薬剤師の選択も、時に患者さんの健康に大きく影響を及ぼしている場合が
あると思いますのでぜひ「薬局も選ぶ」という感覚を持っていただきたいと思います。

さて、まず身も蓋もない言い方をすると、そもそも現在の診療報酬制度では、
「全く同じ処方箋を持って行って同じ薬をもらっても、薬局によって料金が異なる」
という事態が起きています。

これは、ここ数年の大手企業バッシングの波により大手グループチェーンの薬局は、
処方箋受付の際にかかる技術料が低く設定されてしまっているからです。

ですので、「とにかく安ければいい!」という方は有名チェーンの薬局に行くのが
いいのでしょうが・・・あまりその観点では薬局を選択してほしくはありません。

薬局を選ぶ基準は、薬局の雰囲気や、そのに在籍する薬剤師の質であってほしいなと
思っています。

一刻も早く薬がほしい!という場合を除き、試しに処方箋を近所の薬局に持って
行ってみて下さい。

普段取り扱いのない薬などですと、在庫がない場合もあると思いますが、その時の
対応力で、ある程度その薬局の本質は見えると思います。

また、疑問に感じていることを余すところなく薬剤師にぶつけて回答を聞いてみれば、
薬剤師の質も計れると思います。

その中で、頼れると思える薬剤師に出会えたら、ぜひ薬剤師もかかりつけにして
いただきたいと思います。

身近な健康の相談役「かかりつけ薬剤師・薬局」を持ちましょう|厚生労働省
身近な健康の相談役「かかりつけ薬剤師・薬局」を持ちましょうについて紹介しています。

かかりつけ薬剤師は制度としても存在し、厚生労働省のウエブサイトでも
紹介されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました