2~3歳ごろの幼児への薬の飲ませ方

粉薬 小児と薬

お子さんにもよりますが、2~3歳ごろが一番薬を飲んでくれない時期かもしれません。
(もちろん、その時期に薬が大好きというお子さんもいます)

原因は色々あると思いますが、

・単に味が嫌い

・前に飲んだ薬が苦くて(不味くて)トラウマになった

・粉っぽいのが嫌

・病院自体が嫌いなので、薬も嫌い

といったところでしょうか。

味や飲みやすさの改善なら、いくつか方法があるので順に記載していきます。

①味の改善

主にお子さんに使われる粉(ドライシロップ)は、それぞれ製薬メーカーさんも
工夫して色々な味がつけられています。

例えば甘めのバニラ味や、甘酸っぱいヨーグルト味といった具合です。

ですので、薬だけで飲めず、飲食物を合わせる際は、元々の味自体に合うものを
選ぶことが重要です。

これはなかなか1つずつ書き切ることができませんので、別記事にてご紹介します。

②食感の改善

食感・舌触りが嫌という場合もあると思います。

粉薬の場合、「○○ドライシロップ(DS)」という名前のものはたいてい液体に
よく溶けるので、ジュースなどに混ぜてしまえば口当たりの改善は可能です。

「○○散」とか「○○細粒」「○○顆粒」という名前のものは溶けにくいものが比較的
多いです(溶けやすいものもありますが)。

ですので、そういったものはアイスクリームやヨーグルトなどの半固形物を活用する
ことで飲みやすくなる場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました