喘息の治療薬について

小児の慢性疾患

上記の続きです。

現在の喘息の病態は、「喘息発作を起こせば起こすほど、
気管支にダメージが蓄積されて治癒が遅れ重症化するリスクがある」
と考えられています。

よって、治療の方針は「喘息発作をできるだけ起こさない治療をし、
もし起こってしまった場合は早めに症状を抑える」というのが
基本になります。

30年ほど前は、「喘息は症状が出てきたら治療し、収まったら
様子を見る」という考えでしたので、大きく転換されました。

現在、使われている主なお薬には以下のようなものがあります。

①抗アレルギー薬

咳を止める作用は弱いですが、日常で喘息発作を起こりにくくする
作用があり、副作用も比較的少ないので、長期にわたってベースとして
使用されることの多いお薬です。
オノン(プランルカスト)とキプレス・シングレア(モンテルカスト)が
代表です。

②去痰薬

痰が絡むと気管支の炎症に繋がる場合があるので、炭を出しやすくする
お薬も併用する場合があります。
ムコダイン(カルボシステイン)とムコソルバン(アンブロキソール)が
代表です。

③気管支拡張剤

文字通り、気管支を広げることで、呼吸を楽にする作用があります。
メプチン(プロカテロール)とベラチン・ホクナリン(ツロブテロール)が
代表です。
後者は、飲み薬と貼り薬があります。

④吸入ステロイド

ある程度症状が強いと医師が判断した場合、吸入薬も併用する場合があります。
ただし、これも即効性よりはコントロールを目的としたものが多いので、
症状が改善しても指示通り継続することが大切です。
「ステロイド」と聞くと何やら怖いイメージをお持ちの方もみえると思いますが
吸入薬はほとんどが呼吸器官で留まり、全身に回るのは一部ですので、
副作用は起こりにくくなっています。
ただし、声が枯れやすかったり口内炎になりやすくなるので、
吸入後はしっかりうがいをしておくことがとても大事です。
うがいのできないお子さんの場合は、湯冷ましやお茶を飲ませてあげて下さい。

吸入ステロイドの詳細は、以下でもご紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました