ジルテック(セチリジン)の効果・副作用の強さと特徴

アレルギーの薬

ジルテック(セチリジン)とは

ジルテックはアレルギー疾患に用いられる、抗ヒスタミン薬という分類のお薬です。

先発品(特許を取ったお薬)の名前がジルテックで、成分の名前がセチリジンです。

名称の由来は少しユニークで、セチリジン(cetirizine)の「cetiriz」の部分を後ろから
呼んで少しもじって「Zyrtec(ジルテック)」だそうです。

余談ですが、この命名法と同じことを天下の武田製薬も行っていて、「Takeda」を
ひっくり返した「Adekat(アデカット)」という血圧のお薬を世に送り出しています。

さて、本題のジルテックですが、現在はジェネリック医薬品も多数発売されており、
ジェネリックの商品の名前もほとんど「セチリジン」となっています。
(厳密には「セチリジン塩酸塩」と言いますが、後ろの部分は省略します)

剤形は、錠剤とドライシロップです。

2歳の小児から大人まで使用可能です。

そんなジルテックの薬としての強さや副作用、特徴について見ていきます。

ジルテック(セチリジン)の効果と副作用の強さ

中程度以上の効果と平均程度の副作用

ジルテックは、現在日本で発売されている抗ヒスタミン薬の中で中程度の強さです。

副作用の主なものである眠気は、同じ分類の薬の中では中程度で、大人で3%、
子供で1%程度と公表されています。

ただし、大人は「アレルギーの薬は眠くなるだろう」という知識があるので調査時に
申告している方が多いと思いますが、子供は自覚がないまま注意力が落ちているかも
しれませんので、実際はもう少し多い可能性はあります。

ジルテック(セチリジン)の特徴

日本で最も歴史ある抗ヒスタミン薬の1つ

ジルテックは20年以上の販売実績があり、この系統のお薬の中では古い方です。

最近のお薬に比べて若干眠気の副作用が多いことから、第一選択として使用される
頻度は減っているように思います。

ただし、アレルギーのお薬がその人に合うかどうかは個人差が大きいので、現在でも
選択肢の1つとして十分通用します。

子供にも使える

ジルテックはドライシロップがあり、2歳以上に使用可能です。

子供のお薬の選択肢は大人よりも少ないので、長い販売実績があるジルテックは
多くの小児科医にとっては今でも武器の1つとなっています。

市販薬としてのジルテックは頼もしい味方

ジルテックは市販薬としても長い半場実績があります。

ジルテックは、医療用のお薬の中では「中の上」ぐらいの強さですが、市販薬の中では
トップクラスの強さになります。

多忙なビジネスパーソンや、乳幼児を抱えて自分が受診している暇がない親御さん
などには有用な選択肢の1つとなるでしょう。

市販薬の代表商品として「コンタック鼻炎Z」や「ストラリニZ」があります。どちらの
商品も主成分は全く同じで、医師の処方量と同じ10mgのセチリジンが含まれています。

ドラッグストアの他、アマゾンや楽天などの通販でも購入可能です。

他の抗ヒスタミン薬については、以下をご覧下さい。


コメント

タイトルとURLをコピーしました